英TVRが復活、グリフィス の名も16年ぶり2度目の復活…新型スポーツカー

自動車 ニューモデル 新型車

TVRグリフィス新型
  • TVRグリフィス新型
  • TVRグリフィス新型
  • TVRグリフィス新型
  • TVRグリフィス新型
  • TVRグリフィス新型
  • TVRグリフィス新型
英国のスポーツカーメーカー、TVRは9月8日、英国で開幕した「グッドウッド・リバイバル」において、新型『グリフィス』を初公開した。

TVRは1947 年、トレバー・ウィルキンソン氏が英国ブラックプールに設立。高性能なスポーツカーを少量生産する手法で成長した。しかし、2006年末に経営破綻。

新型グリフィスは、復活を果たした新生TVRの最初のスポーツカー。初代グリフィスは1963~65年に生産。27年のブランクを経て、2代目グリフィスが1992年に発売。しかし、2001年に生産を終了した。新型が、グリフィス2度目の復活となる。

新型グリフィスの設計には、著名デザイナーのゴードン・マレー氏を起用。英国のスポーツカーの伝統に則った2シーター車をデザインした。エンジンなどのメカニズム系は、コスワースが手がける。生産は、英国サウスウェールズ州の新工場で、2018年から行われる予定。

コスワースが開発した新型パワートレインは、エンジンが5.0リットルV型8気筒ガソリンとなり、車両重量1トン当たり、400bhpのパワーを引き出す。また、車両重量は1250kgに抑えられることから、パワーは500bhpレベルとなる。トランスミッションは6速MT。パワフルなエンジンと軽量ボディの組み合わせにより、0~96km/h加速4秒以下、最高速322km/h以上の優れた性能を実現している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集