BFグッドリッチのトラック用タイヤを日本市場投入へ

自動車 ビジネス 国内マーケット
BFグッドリッチ クロスコントロールS(11R22.5)
  • BFグッドリッチ クロスコントロールS(11R22.5)
  • BFグッドリッチ ルートコントロールS(11R22.5)
  • BFグッドリッチ ルートコントロールT(265/70R19.5)
  • BFグッドリッチ ルートコントロールT(385/65R22.5)
  • BFグッドリッチ クロスコントロールS(11R22.5)
  • 使用用途・製品データ詳細
  • BFグッドリッチ ルートコントロールS(11R22.5)
  • 石噛み防止グルーブ
日本ミシュランタイヤは、BFグッドリッチブランドのトラック用タイヤ 4パターンを9月1日より順次日本市場に本格投入すると発表した。

BFグッドリッチは米国発祥の大型SUV向けをメインとしたタイヤブランドで、現在はミシュラングループの主要ブランドのひとつ。日本の輸送業界では、ドライバー不足や総労働時間の適正化を背景としたトレーラー輸送の増加、2020年東京オリンピックに向けた建設ラッシュなど、新たな需要が生まれている。今回、日本ミシュランタイヤでは、マーケットニーズに応えるひとつの提案として、BFグッドリッチブランドのトラック用タイヤを新規ブランドとして日本市場に本格的に投入する。

今回発売する「ルートコントロール」シリーズ、「クロスコントロール」シリーズは、ともにBFグッドリッチブランドのタフで力強いイメージを保ち、使用用途に合わせて幅広い状況に対応できる製品となっている。

「ルートコントロールS(11R22.5)」は、高速道路や一般道路、都市近郊などの道路に適し、優れた耐偏摩耗性能が特徴。また雨天でもV字に刻まれた溝(グルーブ)が高いウエットグリップ性能を発揮する。

「クロスコントロールS(11R22.5)」は、一般道路や都市近郊、オン・オフロードに適し、路面から受けるトレッド部へのカットやチッピングなどの損傷を抑制するコンパウンドの採用やプロテクションプライにより高い耐久性を実現。またアグレッシブなトレッドパターンデザインが様々な路面状況下や摩耗時においても高いトラクション性能を維持し、サイドウォール部も高い耐久性を持っている。

「ルートコントロールT(265/70R19.5)」および「ルートコントロールT(385/65R22.5)」はトレーラー用タイヤ。耐カット/耐チッピングに優れたコンパウンドを採用し、トレーラーでの厳しい使用条件においてもカット/チッピングの発生リスクを抑制。また265/70R19.5サイズには石噛み防止グルーブを採用し、石噛みによるダメージを抑制している。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 横浜ゴム、SUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ ジオランダー M/T G003を発売 画像 横浜ゴム、SUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ ジオランダー M/T G003を発売
  • ダンロップ、エナセーブ SP LT50 を発売…小型トラック・バス用低燃費タイヤ 画像 ダンロップ、エナセーブ SP LT50 を発売…小型トラック・バス用低燃費タイヤ
  • 住友ゴム、ブラジル工場を増強しトラック・バス用タイヤの生産へ 2019年3月 画像 住友ゴム、ブラジル工場を増強しトラック・バス用タイヤの生産へ 2019年3月
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース