アウディ、中国企業と戦略的提携…市販EVにソーラー技術を導入へ

自動車 ビジネス 企業動向

将来のアウディのEVに装着される予定の薄膜太陽電池
  • 将来のアウディのEVに装着される予定の薄膜太陽電池
アウディは8月23日、中国に本拠を置くハナジー社(Hanergy=漢能薄膜発電集団)との間で、薄膜太陽電池テクノロジーに関する戦略的提携の覚書に調印した、と発表した。

アウディとハナジー社は第1段階として、アウディ車のパノラマサンルーフに、薄膜太陽電池を装着するソリューションを導入する予定。太陽エネルギーを空調、その他の車内電気系統に供給することによって、EVの航続延長を図る。

長期的には、両社がそれぞれの技術を活用。薄膜太陽電池テクノロジーによって、徐々に太陽エネルギーを駆動系電池に転用。車両の主電源に加えることを計画している。両社は、統合プロトタイプのソーラールーフソリューションを装着したアウディのプロトタイプ車を、2017年末までに披露する方針。

アウディは2020年までに、市販EVを3車種ラインナップする予定。2025年までに、新車販売の3分の1をEVにする目標を掲げている。

アウディの調達担当、Bernd Martens取締役は、「アウディはハナジーとともに、EVに革新的なソーラーテクノロジーを導入する計画。それは走行距離を伸ばす。太陽エネルギーは次の段階で、アウディEVのバッテリーを直接充電することになるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集