ホンダジェット、デリバリー数がカテゴリー最多 2017年上半期に24機

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダジェット
  • ホンダジェット
  • ホンダジェット
  • ホンダジェットと藤野道格社長 
ホンダの航空機事業子会社ホンダエアクラフトカンパニー(HACI)は、「ホンダジェット」が小型ジェット機カテゴリーでの2017年上半期(1~6月)に合計24機を納入し、最多のデリバリー数を達成したと発表した。

これは業界団体ジェネラルアビエーションマニュファクチャラーズアソシエーション(GAMA)による発表に基づくもの。

ホンダジェットは2017年上半期に計24機を米国、カナダ、メキシコ、欧州諸国の顧客にデリバリーした。ホンダジェットは現在、月平均4機ペースで生産している。

ホンダジェットは、主翼上面のエンジンを配置するとともに、自然層流翼型、一体成型複合材胴体などの独自技術の採用で、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能m室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。2015年12月から納入を開始している。

ホンダジェット開発責任者で、HACI社長の藤野道格氏は「ホンダジェットは先進機能を搭載し、高性能で俊敏な操縦性能を実現したジェット機で、例えるなら空飛ぶスポーツカー。ホンダは小型ビジネスジェット機の分野でも新たな価値を創造して、世界中でより多くの人にホンダジェットを利用してもらえることを願っている」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集