交差点の標識に観光地名称---新たに39か所で表示へ

自動車 社会 行政

新たに39か所で標識に観光地名を表示
  • 新たに39か所で標識に観光地名を表示
国土交通省は、観光地へのわかりやすい案内に向けて、新たに39か所で交差点の標識に観光地名称を表示すると発表した。

国土交通省道路局では、2015年12月から観光先進国や地方創生の実現に向け、交差点名標識に観光地の名称を表示する標識の改善を推進している。今回、新たに改善に取り組む対象箇所として39か所を決定した。

対象箇所や表示する観光地の名称は、地域の意向を聞き、観光関係者、都道府県公安委員会と連携しながら道路標識適正化委員会で決定していく。

これまで64か所の標識を改善し、累計で108箇所を改善した。標識改善の取り組み地域も37都道府県に拡がり、今後もさらなる拡大に向け、取り組みを推進する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集