福祉車両の需要が拡大予想---高齢者住宅フェアで展示

自動車 社会 社会
高齢者住宅フェア2017
  • 高齢者住宅フェア2017
東京ビッグサイトで開催された「高齢者住宅フェア2017」に主催者の株式会社高齢者住宅新聞は福祉車両5台を展示した。超高齢化社会が進む日本では、福祉車両の需要はこれからさらに高まることは間違いない。

今回の展示会でも来場者がブースを訪れて、並んでいる福祉車両を眺めて説明を聞く姿が少なくなかった。展示された車両はそれぞれスズキ『エブリイ』、ホンダ『フリード』、日産『セレナ』、トヨタ『ハイエース』、ダイハツ『タント』をベースにした福祉・介護車両。

高齢者住宅フェア2017は7月18~19日に開催された。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集