常磐線のE531系に「夏のいわき」のラッピング…いわき駅ではアロハシャツでの出迎えも

鉄道 エンタメ・イベント
左が奇数号車、右が偶数号車にラッピングされる。
  • 左が奇数号車、右が偶数号車にラッピングされる。
JR東日本水戸支社は、7月上旬から品川~高萩間でE531系10両編成(2本)を使用した「いわきのトマトラッピング列車」を運行する。

福島県いわき地方の夏をPRするため、9月末まで普通列車で運行される予定。

ラッピングは、太陽の恵みを浴びたイメージで、「真っ赤なトマトがそだつまちいわき」と書かれたものが奇数号車の海側に、「太陽と海のふるさといわき」と書かれたものが偶数号車の海側にそれぞれ施される(山側には逆のものをラッピング)。

ただし、4・5号車のグリーン車にはラッピングされない。

また、このラッピング列車の運行に合わせて、7月1日から8月31日までは、いわき市が「フラガールが生まれた街」であることをPRするため、びゅうプラザいわき駅の社員が、地元オリジナルのアロハシャツ「IWAKIアロハ」を着用して下車客を出迎える趣向も用意される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集