FCAジャパン、クライスラーの日本撤退報道を否定

自動車 ビジネス 国内マーケット
FCAジャパンは6月19日、クライスラー車の日本販売から2018年にも撤退する方針を固めたとする日本経済新聞の報道を否定するコメントを発表した。

日本経済新聞によると、クライスラー車の2016年販売台数は約300台と、ピーク時の60分の1に激減。今後は好調な販売を続ける「ジープ」ブランドに経営リソースを集中し、クライスラー車については2018年をめどに撤退する方針を固めたと報じている。

FCAジャパンでは、今後「ジープ」に経営資源を集中する方針は公表しているが、クライスラー車の取扱いについては決定した事実はないとし、今後のクライスラーの国内取扱いについては、決定次第発表するとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 道の駅「ソレーネ周南」へ高速道路からの立ち寄り、7月15日から試行 画像 道の駅「ソレーネ周南」へ高速道路からの立ち寄り、7月15日から試行
  • 仏ヴァレオ、米新興企業と提携---自動運転と自動駐車の開発促進 画像 仏ヴァレオ、米新興企業と提携---自動運転と自動駐車の開発促進
  • 米新興企業、EVスポーツカー開発中…ルマンレーサーの公道版 画像 米新興企業、EVスポーツカー開発中…ルマンレーサーの公道版
  • ミシュラン、米新興企業を戦略的買収---テレマティクスの成長を加速 画像 ミシュラン、米新興企業を戦略的買収---テレマティクスの成長を加速

特集