カーブを逸脱、河川敷を通り抜け約50m先の川へ転落…4人死傷

自動車 社会 社会

1日午後0時30分ごろ、北海道鷹栖町内の道道を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路右側の河川敷を通り抜け、約50m先の川へ転落する事故が起きた。この事故で4人が死傷している。

北海道警・旭川中央署によると、現場は鷹栖町15線付近で片側1車線の緩やかなカーブ。乗用車は左カーブを進行中に対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に逸脱して河川敷を約50mに渡って直進し、川へ転落した。

この事故でクルマは中破し、後部座席に同乗していた64歳の女性が頭部強打などでまもなく死亡。他の同乗者2人も重軽傷を負った。運転していた旭川市内に在住する67歳の女性も打撲などの軽傷を負っており、近くの病院へ収容されている。

警察ではハンドル操作の誤りが事故につながったものとみて、運転者の回復を待って自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集