ホンダの世界生産、9か月ぶりのマイナス…1.7%減の39万6749台 4月

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ埼玉製作所寄居工場 完成車組立(参考画像)
  • ホンダ埼玉製作所寄居工場 完成車組立(参考画像)
  • ホンダ 米インディアナ工場(参考画像)
ホンダは5月30日、4月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産は前年同月比1.7%減の39万6749台で9か月ぶりのマイナスとなった。

国内生産は同23.2%増の6万3527台で3か月ぶりのプラスとなったが、海外生産は北米で落ち込み、同5.4%減の33万3222台で9か月ぶりのマイナスとなった。

国内販売は同7.1%増の4万8518台で、3か月ぶりのプラス。軽自動車は同1.1%減の2万1070台で3か月連続マイナスとなったが、登録車は同14.3%増の2万7448台で2か月連続でプラスとなった。

輸出は同48.6%減の5472台で4か月連続のマイナス。北米や欧州向けが落ち込んだ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集