地方版図柄入りナンバープレートの導入地域を追加募集…導入基準を引き下げ

自動車 社会 行政

図柄入りナンバープレート(寄付金あり)
  • 図柄入りナンバープレート(寄付金あり)
  • 図柄入りナンバープレート(寄付金なし)
国土交通省は、地方版図柄入りナンバープレートの導入地域を追加で募集すると発表した。

国土交通省ではこれまで、ラグビーW杯、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の特別仕様のナンバープレートを導入し、大会機運の醸成を図ってきた。地域振興・観光振興にナンバープレートを活用するため、地方版図柄入りナンバーを導入する。地元の風景や観光資源が図柄となったナンバープレートが「走る広告塔」となって地域の魅力を全国に発信する。

これまで9月の導入申し込み、12月に図柄を提案してもらい、2018年10月ごろに交付する予定だった。

今回、地方版図柄入りナンバーを導入したいとの地域の要望に応えるため、新たな地域名表示も追加で募集する。2018年3月に導入、2018年12月に図柄の提案、2020年度に交付開始する。

地域振興・観光振興の導入目的に沿って従来の導入基準を一部見直す。これまで対象地域内の登録自動車数が10万台を超えていることを条件としていたが追加基準では基準を満たしていない場合でも、対象地域内に複数の自治体が存在し、当該地域の登録自動車数がほぼ5万台を超え、地域名表示が当該地域を称するものとして相当程度の知名度を持つ場合も認める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集