ブレーキの効かないトラックがコンビニ駐車場で多重衝突…点検しようとしたが

自動車 社会 社会

24日午前10時ごろ、長崎県松浦市内の国道204号を走行中の中型トラックが路外に逸脱。道路沿いのコンビニエンスストア駐車場に突っ込み、駐車車両4台と衝突する事故が起きた。この事故で1人が軽傷を負っている。

長崎県警・松浦署によると、現場は松浦市調川町下免付近で片側1車線の緩やかなカーブ。中型トラックは右カーブを進行中に路外へ逸脱。道路左側にあるコンビニエンスストア駐車場へ進入するとともに、駐車されていた乗用車に衝突。他の駐車車両3台にも次々とぶつかるなど、5台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で最初に衝突された乗用車を運転していた42歳の男性が頭部打撲などの軽傷。他のクルマの乗員にケガはなかった。トラックを運転していた63歳の男性にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

聴取に対してトラック運転者は「ブレーキの効きが悪くなった感じがした。駐車場で点検しようと思ったが、止まらずに衝突した」などと供述しており、警察では車両の検証を進めるなど、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品