路肩走行の自転車3台と次々に衝突、乗用車の運転者を逮捕

自動車 社会 社会

23日午後0時5分ごろ、埼玉県さいたま市緑区内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。左右の路肩を走行していた自転車3台と衝突する事故が起きた。自転車の高校生3人が重軽傷。警察はクルマの運転者を逮捕している。

埼玉県警・浦和東署によると、現場はさいたま市緑区中野田付近で車線区別のない幅員約6mの直線区間。乗用車は道路左側の路肩を対向してきた自転車1台と衝突。急ハンドルを切った弾みで路外に逸脱し、右側の路肩を対向していた自転車2台とも接触した。

3台の自転車は衝突の弾みで転倒。最初に衝突した自転車に乗っていた17歳の男子高校生は胸部強打の重傷。後に接触した2台の自転車に乗っていた15歳と16歳の女子高校生が打撲などの軽傷を負い、いずれも近くの病院へ収容されている。クルマを運転していた見沼区内に在住する31歳の男にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕している。

現場は歩道の無い道路。事故当時は近くの高校から下校する生徒が道路の左右を自転車で走行したり、歩いていたという。クルマを運転していた男は聴取に対して「事故を起こしたことは間違いない」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集