【人とくるまのテクノロジー2017】日本特殊陶業、ターボ用高着火プラグなど展示予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本特殊陶業 ブースイメージ
  • 日本特殊陶業 ブースイメージ
日本特殊陶業は、5月24日から26日にパシフィコ横浜で、6月28日から30日にポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展する。

日本特殊陶業ブースでは、内燃機関の燃費向上やエミッション低減、さらに次世代自動車向けの製品など、さまざまな形でクルマ社会に貢献する製品を展示する。

プラグ関連では、ガソリンエンジンのトレンドであるダウンサイジング高過給ターボに対応し、耐消耗性と着火性能を向上させた「ターボ用高着火プラグ」を展示。また、セラミックグロープラグと燃焼圧センサを一体化することで異常燃焼を検知し、エミッション低減に貢献する「セラミックGIPS」を展示する。センサ関連では、各国の環境規制強化に対応する四輪用センサに加え、排気ガスの熱を利用したヒーターレス二輪用小型センサを出展する。

そのほか、走行中の排気ガスにおける有害物質濃度をリアルタイムに計測する「コンパクトマルチガス計測器」や燃料電池自動車の安全確保に寄与する「水素漏れ検知センサ」、さら同社のコア技術であるセラミックスを活かした車載電子機器用半導体パッケージ、ベアリングボールなど、幅広い分野の製品を出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集