車内の飼い犬に気を取られたクルマ、郵便局に突っ込む

自動車 社会 社会

17日午後3時30分ごろ、千葉県長南町内の国道409号を走行していたRVが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と衝突するとともに、道路沿いにある郵便局の建物に突っ込む事故が起きた。この事故で郵便局にいた女性客が負傷している。

千葉県警・茂原署によると、現場は長南町米満付近で片側1車線の直線区間。RVは斜行するようにして対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と衝突するとともに、道路右側にある郵便局の建物に突っ込んだ。

郵便局は道路側の壁面が大破。建物内にいた52歳の女性客が割れたガラス片で指を切るなどの軽傷を負った。乗用車を運転していた同町内に在住する70歳の男性にケガはなかった。RVを運転していた東京都大田区内に在住する36歳の男性にもケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

逸脱車の運転者は聴取に対して「車内にいた飼い犬に気を取られた」などと供述しているようだ。警察ではハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集