PA内に駐車中の車両へ追突、トラックの運転者が死亡

自動車 社会 社会

17日午前4時25分ごろ、佐賀県鳥栖市内の長崎自動車道上り線・山浦パーキングエリア(PA)で、PA内に進入してきた中型トラックが、駐車中の大型トラックに追突する事故が起きた。この事故で中型トラックの運転者が収容先の病院で死亡している。

佐賀県警・高速隊によると、現場は鳥栖市山浦町付近にある山浦PAの走路内。中型トラックはPAに入ってきた直後、本線沿いにある縦列駐車スペースに止まっていた大型トラックの後部に追突した。

この事故で中型トラックは運転席部分が中破。運転していた鹿島市内に在住する59歳の男性は近くの病院へ収容されたが、腹部強打に伴う内臓破裂などが原因で約2時間後に死亡。大型トラックの運転者にケガはなかったという。

PAへのランプウェイから事故が起きた駐車スペースまではほぼ直線だった。警察では減速が十分でなかったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集