【人とくるまのテクノロジー2017】ジェイテクト、動くスケルトンカーで操舵・駆動システムを紹介予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

ジェイテクト ブースイメージ
  • ジェイテクト ブースイメージ
  • ラックパラレルタイプ電動パワーステアリングと補助電源システム
ジェイテクトは、5月24日から26日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展する。

ジェイテクトは「No.1 & Only One -より良い未来に向かって-」を出展コンセプトとし、小型の動くスケルトンカーで同社製品を一挙に紹介する。スケルトンカーは電動パワーステアリングやハブベアリングに加え、駆動製品のトルセンLSDやITCC(電子制御4WDカップリング)も搭載。各機構を動かすことで自動車の中で製品がどのような役割を担っているかをわかりやすく紹介する。

また、高級車・大型車向けのラックパラレルタイプ電動パワーステアリング(RP-EPS)を展示。システムの小型化・軽量化を実現し、車両搭載性を高めたほか、長年培ってきたトライボロジー(摩擦学)のノウハウを駆使することで操舵時の摩擦を低減し、スムーズで快適な操舵を実現している。

そのほか、通常12ボルトの車両電源に対し、18ボルトに昇圧することで大型車への電動パワーステアリング搭載を可能とするEPS用補助電源システムなどを展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集