路上に倒れこんでいた高齢女性、約20mに渡ってひきずられ死亡

自動車 社会 社会

8日午前1時45分ごろ、北海道札幌市西区内の道道で、路上に倒れていた90歳の女性に対し、進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。女性は死亡。別のクルマがひき逃げした可能性もあり、調べを進めている。

北海道警・札幌西署によると、現場は札幌市西区琴似3条7丁目付近で片側2車線の直線区間。横断歩道や信号機は設置されていない。90歳の女性は路上に倒れこんでいたところ、進行してきた乗用車にはねられた。

女性は約20mに渡ってひきずられて全身を強打し、現場で死亡を確認。警察ではクルマを運転していた20歳代の男性から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

聴取に対して男性は「何かひきずった感触があり、クルマを止めた」などと供述しているようだ。現場近くに設置された防犯カメラ映像には女性が横断する姿が残っていた。警察では女性が別のクルマにはねられ、路上に倒れこんでいた可能性も含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集