米国新車販売、日米のビッグ3が揃って低迷で4カ月連続マイナス 4月

自動車 ビジネス 海外マーケット

GM本社
  • GM本社
米国オートデータが発表した4月の米国の新車販売台数は、前年同月比4.7%減の142万6126台と、4カ月連続マイナスとなった。

乗用車が同11.1%減の55万7312台と不振だったのに加え、2016年の新車市場を牽引してきたライトトラックも同0.1%減の86万8814台と微減だった。

メーカー別ではゼネラルモーターズ(GM)が同5.9%減の24万4200台、フォードモーターが同7.1%減の21万3436台と落ち込んだ。両社ともに乗用車が2ケタのマイナスで、特にフォードの乗用車が2割減だった。FCA(フィアット・クライスラー)も同6.8%減の17万6176台だった。

日系では、トヨタ自動車が同4.4%減の20万1926、ホンダが同7.0%減の13万8386台と低迷した。日産自動車も同1.5%減の12万1998台とマイナスだった。

SUBARU(スバル)は同3.9%増の5万2368台、フォルクスワーゲンが同3.1%増の4万6508台、ヒュンダイが同1.3%増の6万3050台と前年を上回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース