JAL、国際線低調や燃料価格上昇などで減収減益に 2017年3月期決算

航空 企業動向

JAL
  • JAL
日本航空(JAL)が発表した2017年3月期の連結業績は、営業利益が前年同期比18.6%減の1703億円と減益となった。

売上高は同3.6%減の1兆2889億円と減収だった。国際旅客が燃油サーチャージ収入の減収や円高による為替換算の影響で同7.5%減と低迷、国内旅客も同0.5%減と微減だった。貨物は同15.5%と大幅減収となった。

収益では、燃料価格の上昇や国際線低迷が影響して、経常利益は同21.1%減の1650億円、当期利益が同5.9%減の1641億円だった。

今期の通期業績見通しは、売上高が同3.9%増の1兆3390億円、営業利益が同16.6%減の1420億円、経常利益が同17.0%減の1370億円、当期利益が同39.1%減の1000億円と増収減益を予想する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集