山手線の新型「E235系」量産車ようやくデビュー 5月22日から

鉄道 テクノロジー

山手線のE235系。5月から量産車の営業運用が始まる。
  • 山手線のE235系。5月から量産車の営業運用が始まる。
  • E231系500番台やE235系量産先行車からの変更点。利用者の声を踏まえて荷物棚を低くするなどの改良が講じられた。
  • 完成直後のE235系量産先行車。量産車は2020年春頃まで順次増備される。
JR東日本東京支社は4月25日、山手線の新型電車「E235系」の量産車が5月22日から営業運用に入ると発表した。2020年春頃まで順次増備され、E231系電車の500番台を置き換える。

E235系は、E231系500番台に代わって山手線に導入される新型車両。E231系500番台からの改造車1両を含む量産先行車11両(11両編成1本)が2015年3月に完成した。同年11月30日に山手線で初の営業運転が行われたものの、出発直後からシステムトラブルが多発。その後はシステム修繕に時間がかかり、2016年3月から営業運転を再開した。

発表によると、量産車は利用者の声を踏まえ、荷物棚の高さを5cm低くした。手すりも清潔感を保つため、表面を「微細な凹凸のある質感」に変えたという。

量産車編成は5月22日以降、順次営業運転を開始。本年度末までに165両(11両編成15本)が導入される予定だ。残り374両(11両編成34本)は2020年春頃までに導入され、最終的には550両(11両編成50本)に。これにより山手線から引退するE231系500番台は、中央・総武緩行線に活躍の場を移す。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集