全日本ロードレースに17歳のニューヒーロー誕生…Team SRS-Motoの中島元気

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
中島元気選手
  • 中島元気選手
  • 中島元気選手
  • 中島元気選手
鈴鹿サーキットの2輪レーシングスクールSRS-Motoで2016年のスカラシップを獲得した17歳の中島元気(TEAM SRS-Moto)が、全日本ロードレース開幕戦・筑波サーキット(9日)のJ-GP3クラスで3位表彰台に立ち、鮮烈デビューした。

J-GP3クラスは、ベテランライダーをはじめ、女性ライダー岡崎静夏や、多くの若手ライダーが参戦する注目クラス。さらにHonda NSF250Rのワンメイクに近い状態のためにマシン性能差が出にくく、ライダーのテクニックが勝敗を大きく左右するクラスでもある。そうしたなかで、今年から全日本ロードレースを戦うことになった中島は、いきなり3位に入り、表彰台に立ったのだ。

「筑波サーキットは、今大会に向けての事前テストを走りましたが、それ以外では、2年前にHondaのテストに参加させてもらったのが最初で最後です」

こう語る中島だが、筑波サーキットのようにコース距離が短いテクニカルコースは世界的にも類を見ない。こうした理由から、筑波マイスターと呼ばれるライダーが存在するほどで、ここで新人が結果を出すのは至難の業でもある。しかも当日はウエットコンディションであり、コース攻略はさらに難易度を高めていた。

「1周目はトップで戻って来られたけれど、2周目に伊達(悠太)選手、4周目に小室(明)選手に抜かれてしまいました。正直なところ、この2人についていって逆転を目指したかったけれど、レース前に菊池(寛幸)監督から無理するなと言われていたし、オープニングラップのASIAコーナーで長谷川(聖)選手が転倒するのを見て、冷静に行かないと危ないと判断しました」

幼稚園の年中からポケバイに乗りはじめ、その後のポケバイスクールを経て小学6年生でSRS-Moto(当時はSRS-J)に入校。ベーシッククラス、アドバンスクラスを経て、昨年は鈴鹿サンデーロードレースのJ-GP3でチャンピオンを獲得。同年代には亀井雄大や関野海斗らがいるが、両ライダーはすでに全日本で成績を出している。それだけに中島は自身を「遅咲き」と評するが、その分、しっかりと基礎とパワーを蓄えてきた。

「デビュー戦での3位はうれしいけれど、まだまだだなという悔しい気持ちも強いです。J-GP3クラスの次戦はスポーツランドSUGOですが、僕は鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎ以外は走ったことがないんです。そのツインリンクもてぎも、Hondaの走行会で2回走ったのみで、岡山国際もオートポリスも走ったことがありません。だから、走ったことがないサーキットを走ること、そしてそこでのレースがいまから楽しみです」

世界一とも言えるテクニカルサーキットの筑波サーキットで、いきなりトップを走ることができるライダーセンスは、世界屈指のサーキットである鈴鹿サーキットで育ったライダーならではのこと。そして筑波サーキットでこれだけのパフォーマンスを発揮できるのであれば、この他の国内サーキットを攻略するのはそれほど難しいものではないはずだ。

中島が育った鈴鹿サーキットでJ-GP3クラスが開催されるのは11月5日のシリーズ最終戦MFJ-GP鈴鹿まで待たなければならないが、ホームコースに戻ったときの、中島のランキングはもちろん、ライダーとしての成長ぶりが注目される。
《佐久間光政》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハが抜擢した次世代エース候補の野左根航汰とは 画像 ヤマハが抜擢した次世代エース候補の野左根航汰とは
  • 日本最強・最速ライダー中須賀克行が語る「鈴鹿8耐で3連覇を狙う」 画像 日本最強・最速ライダー中須賀克行が語る「鈴鹿8耐で3連覇を狙う」
  • 【東京モーターサイクルショー2017】MFJスペシャルステージ開催予定、男女トップライダー集結 画像 【東京モーターサイクルショー2017】MFJスペシャルステージ開催予定、男女トップライダー集結
  • 【プレゼント】今年で最後の オールドナウ・カーフェスティバル の無料招待券を25組50名様に! 画像 【プレゼント】今年で最後の オールドナウ・カーフェスティバル の無料招待券を25組50名様に!
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース