ホンダ X-ADV 発売、コミューターの利便性を融合した新型アドベンチャー

モーターサイクル 新型車
ホンダ X-ADV(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ X-ADV(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ X-ADV(デジタルシルバーメタリック)
ホンダは、水冷2気筒745ccエンジンにデュアルクラッチトランスミッション(DCT)を組み合わせた新型アドベンチャーモデル『X-ADV』を4月14日に発売する。

X-ADVは、「GO EVERYWHERE with EXCITEMENT~アクティブな心躍る気持ちで、どこへでも行ける~」をコンセプトに開発。パワフルかつ扱いやすいエンジンとDCTを組み合わせることで、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合。「平日は都会をスマートに移動し、休日は日常を離れて冒険へといざなう」“アドベンチャースピリット"を持つモーターサイクルを目指した。

スタイリングは、前後方向に短く塊感のあるボディとサスペンション長の長いアップライトなシルエットでアドベンチャーテイストを強調。さらに、フロントからリアまで、エッジの効いた統一感のあるキャラクターラインで構成されたボディにより、力強くスタイリッシュで新鮮な外観を実現した。

パワーユニットには、最高出力54psを発生する水冷直列2気筒745ccエンジンと、専用セッティングを施したDCTとの組み合わせ。登降坂検出制御を採用し、運転状況から登降坂路を推定して変速タイミングを切り替えることにより、必要な駆動力と、エンジンブレーキ力を確保するなど最適なシフトスケジュールを実現。Dモード、Sモードでは低いギアを選択する領域を拡大した専用セッティングを採用し、市街地での機敏な走りからワインディングでのスポーティーな走りまで、DCTの特長を活かした走りを体感できる。

電装は、全灯火器にLEDを採用し先進性を演出。ツーリングでの利便性を高める別体型ETC車載器やスポーツグリップヒーターを標準装備した。また、ホンダスマートキーシステムを採用したほか、イモビライザー機構を標準装備し、盗難抑止効果も高めている。

価格はシルバーが120万9600円、レッドが124万2000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【上海モーターショー2017】ホンダ、AI搭載のEVコミューター NeuV を中国初公開へ 画像 【上海モーターショー2017】ホンダ、AI搭載のEVコミューター NeuV を中国初公開へ
  • 【大阪モーターサイクルショー2017】アドベンチャースピリットあふれるホンダ X-ADV 画像 【大阪モーターサイクルショー2017】アドベンチャースピリットあふれるホンダ X-ADV
  • 【東京モーターサイクルショー2017】タミヤ、ホンダ アフリカツイン 1/6モデルを先行展示予定 画像 【東京モーターサイクルショー2017】タミヤ、ホンダ アフリカツイン 1/6モデルを先行展示予定
  • 20世紀末のフラッグシップスポーツをレンタルで乗り比べ…964ターボ vs R32、F355 vs NSX 画像 20世紀末のフラッグシップスポーツをレンタルで乗り比べ…964ターボ vs R32、F355 vs NSX

特集