国土交通省、「貸切バス予防整備ガイドライン」を策定…整備サイクル表の作成を促進

自動車 テクノロジー 安全
国土交通省は、貸切バスの車両整備を強化するため、貸切バス事業者が定めるべき予防整備の基準事例を示した「貸切バス予防整備ガイドライン」を策定した。

2016年1月15日に長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故を踏まえて軽井沢スキーバス事故対策検討委員会が徹底的な再発防止策について検討して昨年6月3日にまとめた「安全・安心な貸切バスの運行を実現するための総合的な対策」を踏まえたもの。

ガイドラインでは、貸切バス事業者が法定点検に加え、不具合発生の予防も含めた十分な整備を定期的に実施するための整備サイクル表を定める上での参考となるよう、優良事業者の実績を元に、整備項目の交換基準事例を示した。

貸切バス事業者が交換基準事例を参考にバスの構造・装置に応じ項目を選定するとともに、それぞれの事業者の状況を考慮し、定期交換の期間・距離を設定し、整備サイクル表を作成するよう求めている。また、貸切バス各事業者が整備実施記録簿を用意し、整備サイクル表に基づく定期交換の実施状況を記録することも求めている。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース