今だからこそ履き替える。合理的「都会派スタッドレス」GOODYEAR “Vector 4Seasons Hybrid”

自動車 ニューモデル 新型車

今だからこそ履き替える。合理的「都会派スタッドレス」GOODYEAR “Vector 4Seasons Hybrid”
  • 今だからこそ履き替える。合理的「都会派スタッドレス」GOODYEAR “Vector 4Seasons Hybrid”
  • 高いドライ&ウェット性能、そしてスタッドレスタイヤとしても優秀なGOODYEAR “Vector 4Seasons Hybrid。季節を気にせず装着出来る合理派タイヤとしてシェアを広げている
  • オールラウンダーとして機能するのは特徴的なV字トレッドデザインの効果が大きい
  • ドライ性能も非常に高レベルで、乗り心地や安定性、静粛性も高いレベルで達成されている
  • ウエット性能も高く、とっさの路面状況変化にも見事に対応する
  • 高速道路におけるチェーン規制にも対応し、どのような路面状況でも安全性を高めてくれる
「今年はスタッドレスに履き替えないで過ごせた」という人は多いのではないだろうか。首都圏や都市部においては、「結果オーライ」で夏タイヤのままウィンターシーズンをやり過ごすことができる。

とくに今シーズンの首都圏平野部は、数度の降雪があったものの翌日以降も雪が残るような降り方をした地域は多くなかった。スレスレの判断と出かけるタイミングなどで(か、なにも考えなかったか)、なんとか乗り切った。そんな感想の人もいるのではないか。

しかしそのウラで早朝の凍結や急な降雪で「ヒヤッと」した経験はあるはずだ。

◆転ばぬ先の早めの交換よりもVector 4 Seasons Hybrid

いくら地元は雪があまり降らないからといっても、クルマならそれなりの活動範囲になるし、路面の凍結や積雪がないわけではない。とくに注意したいのは、ドライブ中に雪が降ってきたときだ。路面を濡らす程度ならよいが、うっすらと白くなってくるようだと危険だ。普段どおりのハンドル操作やブレーキが命取りになる場合もある。

だからこそ「ヒヤッと」体験になるのだが、そうでなくても急な降雪などは「いつ滑るか」「この坂は上れるか」など普段以上のストレスでもある。そんな体験をしながら今年も乗り切ったと安心しているドライバーに、タイヤ点検とともにオススメしたいのが、グッドイヤー「Vector 4 Seasons Hybrid」だ。

このタイヤは、夏タイヤと冬タイヤの性能を高い次元で両立させた新しいタイプのタイヤ。もし、この冬、夏タイヤで過ごせたけどそろそろ新しいタイヤにしたい、と思っている人もVector 4 Seasons Hybridを検討してみてほしい。これからのシーズンのタイヤとしての性能はもちろんのこと、都市部の降雪、着雪ならほとんどの場合スタッドレスに交換しないで走行可能なので、1年を通じて装着したままでいられるからだ。

◆チェーン規制でもスタッドレスと同等

性能表示についていえば、M+Sマークの他、日本で冬用タイヤを示すスノーマーク、欧州の冬タイヤ表示であるスノーフレークマークに対応している。これは、高速道路のチェーン規制でも走れるタイヤであるということも意味している。つまり、通常の夏タイヤでは走行できない規制でも「Vector 4 Seasons Hybrid」ならスタッドレスタイヤのようにチェーン(滑り止め)なしでそのまま走行できるということだ。

シーズンの変わり目でタイヤ交換が必要ないので、感覚的には「都会の雪ならそのまま走れるタイヤ」といったほうがいいかもしれない。チェーン規制もあまり気にする必要がないなら、夏用タイヤ、冬用タイヤといった違いを気にせず使えるタイヤということだ。

これなら、冬場にスタッドレス交換のタイミングで悩んだり、交換作業、保管場所などで困ることもない。きわめてスマートなタイヤといえるだろう。

◆専用ゴムと独特なトレッドパターンがオールラウンダーの秘密

ドライやウェット路面を夏タイヤのように走れるのに、雪道にも対応できるのは、全天候型コンパウンドと独特なV字トレッドデザインのおかげだ。全天候型コンパウンドは、夏タイヤの剛性、耐摩耗性を持ちながら、低温での粘りも実現している。トレッド面はタイヤの中央部分と両サイドでパターンを変えることで、外側に主に夏タイヤとしての役割、中央部分に冬タイヤとしての役割を持たせている。

触ってみるとわかるが、Vector 4 Seasons Hybridのゴムの質感は夏用タイヤのそれだ。舗装のコーナリングでショルダー部分がヨレるような感覚もなく、しっかりグリップしてくれる。トレッド面のブロックのすき間が広いので、乗り心地や騒音が心配というドライバーもいるかもしれないが、乗ってみれば平均的な夏タイヤと変わらないことがわかるだろう。

夏タイヤの場合、ドライ性能だけが良くてもだめだ。ウェット性能も忘れてはならない。Vector 4 Seasons Hybridは、ウェット路でも通常の夏タイヤと同等な性能を発揮する。まれに冬タイヤのまま夏場も通しで履いている人を見かける。実は、スタッドレスのウェット性能はそれほど高くない。V字トレッドデザインは、雪だけでなくウェット路での排水性能にも優れ、晴れ、雨、雪とまさにオールラウンダーといえるタイヤだ。

◆無駄をなくしスマートな都会派ドライバーに

 考えてみると、普段履いているタイヤが雪道でも使えるならこんな便利なことはない。これまでオールシーズンタイヤというカテゴリはあったが、ドライやウェット性能の実用性を考えると、雪道、凍結路での性能が犠牲にされていた。交換を面倒がって、夏もスタッドレスで過ごす人もまれにいるが、乗り心地や摩耗が犠牲になる。さらに、スタッドレスタイヤのウェット性能はあまり高くない。

これからの行楽シーズンを前に、タイヤ交換を考えているなら、ドライ、ウェット性能に加え、「都会の雪道性能」も考慮したタイヤ選びをしてみるのもいいだろう。Vector 4 Seasons Hybridは、それが可能なタイヤだ。

余分なタイヤの保管場所、交換の手間といった無駄が省け、いざというときの安心感からくる心の余裕を与えてくれる。そんなスマートなカーライフを演出したい都会派ドライバーにうってつけだと思う。

Vector 4Seasons商品ページ
オールシーズンタイヤ発売40周年記念キャンペーン
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集