トヨタ、英国工場へ340億円を投資---TNGAによる車両生産開始へ

自動車 ビジネス 企業動向
TMUKバーナストン工場
  • TMUKバーナストン工場
トヨタ自動車の欧州統括会社であるトヨタ・モーター・ヨーロッパ(TME)は3月16日、英国生産拠点であるトヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK(TMUK)のバーナストン工場に、2億4000万ポンド(約340億円)以上の新規投資を行うと発表した。

新規投資に伴い、バーナストン工場では今年より、設備やシステムの新規導入、最新の生産技術を採用し、TNGAプラットフォームを使用した車両の生産に向けて施設を刷新。工場の競争力を高めるとともに、英国におけるサプライチェーンの効率化も同時に進めていく。

なお、今回の投資には、英国政府から、同工場における人材育成、研究開発、環境負荷低減活動に対し、最大2130万ポンド(約30億円)の支援が行われる。

TMEのヨハン・ファンゼイル社長は「トヨタは、欧州生産拠点をグローバルレベルで競争力のある工場にすべく、取り組みを進めており、今回のTNGAの思想に基づく生産技術の導入も、その一環だ。TMUKの従業員はもちろん、サプライヤーとともに一丸となって、これまで高品質なクルマづくりに取り組んできたからこそ、今回の投資を決定することができた。英国政府からの支援に感謝したい」と述べた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集