【マツダ CX-5 新型】発売1か月で1万6639台を受注…月販目標の7倍

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダCX-5
  • マツダCX-5
マツダは、新型『CX-5』の累計受注台数が、発売から約1か月が経過した3月5日時点で、月販目標の約7倍となる1万6639台になったと発表した。

グレード別の構成比は、先進安全技術「i-アクティブセンス」を充実させたグレードが受注の95%を占めている。内訳は最上級グレード「Lパッケージ」が49%、アダプティブLEDヘッドライト(ALH)やアクティブ ドライビング ディスプレイなど先進装備を充実させた「プロアクティブ」が46%。

下取車のタイプはSUV(46%)に次いでミニバン(20%)が多く、ファミリー層からの受注も多い。また初代CX-5の下取も39%となっており、今回のモデルチェンジは初代オーナーからも支持を得ている。

年代別では30代、40代を中心に20代から60代以上までと幅広く、旅行やアウトドア、ドライブといったロングツーリングから普段の買い物や通勤など、さまざまなシーンで使われている。購入客からは、「滑らかでとても走りやすく、もっといろいろな道を走りたいと思わせる」「静粛性が秀逸」「デザインが魅力的で品質の高さも感じられる」「安全装備が充実している」「アクティブ・ドライビング・ディスプレイが見やすく、視線移動が少ないことを実感」などの声が聞かれている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース