【MWC 2017】カーシェア用の新サービスが登場…スマートフォンが車のキーに

自動車 ビジネス 企業動向

OTとOmooveの「EasyOpen」
  • OTとOmooveの「EasyOpen」
  • モバイルワールドコングレス2017(2月27日) (c) Getty Images
OTとOmooveの2社は2月27日、スペイン・バルセロナで開幕した「モバイルワールドコングレス(MWC)2017」において、スマートフォンを車のキーに変換するサービス「EasyOpen」を発表した。

フランスに本拠を置くOT(オベルチュール・テクノロジーズ)社は、組み込みセキュリティソフトウエア製品やサービスを提供する世界有数の企業。一方、イタリア・ローマに本拠を置くOmooveは、モビリティシェア専用の革新的な技術ソリューションを提供する欧州のリーダー的企業、オクトテレマティクスの子会社。

MWC 2017で発表されたEasyOpenは、カーシェアリングサービスのセキュリティを強化するために開発。OTの「セキュアIOTクラウド」を活用して、スマートフォンを車のキーに変換するサービスを提供する。

まずはEasyOpenアプリケーションを使用して、サービスに登録。するとユーザーは、スマートフォンを利用して、エリア内の車両をすぐに見つけ、車両を予約できる。デジタルキーは、OTのセキュアIOTクラウドを介して、安全な方法でユーザーのデバイスにリモート送信。ユーザーは、スマートフォンをフロントガラスの近くにかざすだけで、ドアを開錠できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集