メルセデスベンツ、認定中古車拠点を岐阜県庁前に新設…50台を展示

自動車 ビジネス 国内マーケット
メルセデス・ベンツ岐阜 サーティファイドカーセンター
  • メルセデス・ベンツ岐阜 サーティファイドカーセンター
メルセデス・ベンツ日本(MBJ)と正規販売店契約を結ぶ岐阜ヤナセは、メルセデスベンツの認定中古車を取り扱う新規拠点「メルセデス・ベンツ岐阜 サーティファイドカーセンター」を2月4日にオープンする。

新拠点は、国道21号線 岐阜県庁前交差点のアクセス良好な立地に所在。明るく開放的な商談スペースと、50台の展示規模を備え、厳しい基準を満たすメルセデスベンツ サーティファイドカーのラインアップから、顧客にあった1台を見つけることができる施設となっている。

新店舗では、2月4日と5日の2日間、オープニングフェアを開催する。

現在MBJでは、既存客の満足度向上と同時に、新規顧客との接点を拡大するため、販売ネットワークを強化。サーティファイドカー拠点の整備はその一環で、全国のサーティファイドカー拠点は、メルセデス・ベンツ岐阜 サーティファイドカーセンターを含め、137 拠点となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集