ゲームの顔検出技術を巡る裁判…プライバシー侵害の懸念はない 報道

自動車 テクノロジー ネット
『NBA 2K』顔検出技術を巡る裁判で2K勝訴―「プライバシー侵害の懸念はない」
  • 『NBA 2K』顔検出技術を巡る裁判で2K勝訴―「プライバシー侵害の懸念はない」
海外メディアの報道より、Take-Two Interactiveが『NBA 2K』シリーズの「顔検出技術」にまつわるバイオメトリックデータ保管権利を巡る裁判で勝訴したことが明かされました。

この裁判で焦点が当てられたのは『NBA 2K15』『NBA 2K16』の2作品。これらのタイトルでは顔検出技術を採用し、プレイヤーの顔を基にした精密なアバター作成を実現しています。訴訟はこの機能で作成された顔データの保存/利用方法を巡るもので、2人のゲーマーが2015年10月より同作パブリッシャーTake-Two Inteに対して訴訟を起こしていました。これについてニューヨーク連邦裁判所は『NBA 2K』両作の「顔検出技術」が原告に対する傷害を確立していないと見て、プライバシー侵害などの懸念がないことを示しました。

なお、この「顔検出技術」を使用する際、プレイヤーは2K側が提示する利用規約に同意する必要があるとのこと。原告らは利用規約に同意していたものの、スキャンデータが無期限に保存/共有できる可能性を明確にしていないと主張し、訴訟を起こしたものと報じられています。

『NBA 2K』顔検出技術を巡る裁判で2K勝訴―「プライバシー侵害の懸念はない」

《subimago》

編集部おすすめのニュース

  • 顔認識でわき見・居眠り運転を警告---ユピテルが警報器「オキテ」を発売 画像 顔認識でわき見・居眠り運転を警告---ユピテルが警報器「オキテ」を発売
  • 【CES 2017】ボッシュ、新型コンセプトカー初公開…顔認識技術搭載 画像 【CES 2017】ボッシュ、新型コンセプトカー初公開…顔認識技術搭載
  • 福田道路とNEC、AIを活用して低コストで道路の劣化状況を診断できるシステムを開発 画像 福田道路とNEC、AIを活用して低コストで道路の劣化状況を診断できるシステムを開発
  • 品川は地上、北品川は高架…東京都、京急線連立化のアセス調査計画書作成 画像 品川は地上、北品川は高架…東京都、京急線連立化のアセス調査計画書作成
  • ロボットキット「mBot」バージョンアップ 2月4日発売 画像 ロボットキット「mBot」バージョンアップ 2月4日発売

特集

おすすめのニュース