【マツダ ロードスターRF】発売1か月で2385台を受注…月販目標の9.5倍

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダ・ロードスターRF
  • マツダ・ロードスターRF
  • マツダ・ロードスターRF
マツダは、昨年12月22日に発売した『ロードスター RF』の累計受注台数が、1月23日時点で月販目標の約9.5倍にあたる2385台になったと発表した。

受注構成比はベーシックグレードの「S」が17%、中間グレードの「VS」が61%、最上位の「RS」が22%。また、トランスミッション別ではATとMTが約5割ずつとなっている。ボディカラーでは「マシーングレープレミアムメタリック」が48%で最多、次に「ソウルレッドプレミアムメタリック」が20%と、魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせる塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」を採用した外板色が約7割を占めている。内装では「VS」に設定した上質なナッパレザーを使用したオーバーン(赤褐色)のシートカラーが好評を得ている。

顧客層は20代から60代以上まで幅広く、「オープン時・クローズ時双方のスタイルの良さ」「スタイル・荷室スペースを犠牲にしていないこと」などが高く評価されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集