【東京オートサロン2017】どう変わるのか? TOYOTA GAZOO Racingがカスタム実演

自動車 ニューモデル モーターショー

TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
  • TOYOTA GAZOO Racingブースでカスタムパーツ交換を実演
1月13日から15日まで幕張メッセで行われた「東京オートサロン2017」。そのTOYOTA GAZOO Racingブースでは実際にノーマル車にカスタムパーツを取り付け、その違いを比較してもらうデモンストレーションを開催し、注目を集めた。

ブースには、ノーマルの『C-HR』が置かれ、来場者の前でメカニックがリップスポイラーやサイドスカートを交換。約10~15分ほどで作業が完了した。もちろん、実際に走行するためには、パーツ交換以外にも様々な行程が必要だが、今回はあくまで「ノーマル仕様」と「カスタム後」がどのように印象が変わるのかというのを実演した。

今まではカスタムパーツを装着した後の車両を展示するというのが、東京オートサロンのスタイルだったが、こうしてノーマルからカスタムしていくパーツ交換を実演し、その変化を来場者に見せるというのは初めての試み。

これには、ブース前を通りかかった来場者たちも続々と車両を囲み始め興味津々。ほんのわずかな変更だけで大きく印象が変わるため、カスタムに詳しくない方も驚きの表情をみせていた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集