HDマップ測定車の自動運転化も視野に…TomTomが独Autonomosを買収

自動車 ビジネス 企業動向
Autonomos Labs研究車両
  • Autonomos Labs研究車両
  • Autonomos Labs研究車両
  • Autonomos Labs研究車両
  • TomTom ロゴ
  • Autonomos ロゴ
1月19日、TomTomはドイツ・ベルリンに拠点を置く自動運転のスタートアップ企業Autonomosを買収したことを発表した。TomTomは今回の買収で自動運転用の高精度地図データ制作のテクノロジーがさらに強化されるとしている。また将来的には地図の測定車両自体が自動運転になっていくことも視野にあるという。買収額は公表されていない。

TomTomはオランダ・アムステルダムの企業。リアルタイム地図プラットフォームを有しており、各メーカーへの提供はもちろん、自社製品でも幅広く地図・位置情報を用いたサービスを展開している。またボッシュやエヌビディアといった企業との連携し、自動運転用の高精度地図データの制作にも注力している。

そして今回買収されたAutonomos社は、自動運転に関するソフトウェア、デジタル画像処理、そして3Dセンサー技術の開発研究を行うドイツ・ベルリンのスタートアップ企業だ。2012年にベルリン自由大学の自動運転「AutoNOMOS Labs」からスピンオフして設立された。現在の社員数は20名ほど。

TomTomのCEOで共同設立者のハロルド・ゴディン氏は「今回の買収はTomTomにとって重要な発展となる。知識の拡張だけでなく、自動運転実現のための我が社の強みを強化し続けることになる」としており、Autonomos社のCEO兼共同設立者であるTinosch Ganjineh氏も「次のレベルの自動運転をともに実現するために、世界的な地図制作企業であるTomTomに選ばれたことを誇りに思う」とコメントしている。

なお、今回の買収においては、Autonomos社の映像処理・AI技術も非常に重要視されている。同社の技術により、センサープローブデータを乗用車や商用車から取得し、高精度地図データの差分更新も可能になるという。将来的には高精度地図データ用の測定車両そのものも自動運転になっていくことが考えられる。
《宮崎 紘輔》

編集部おすすめのニュース

  • 車両搭載センシング技術を活用、道路基盤地図データ収集実験を開始 画像 車両搭載センシング技術を活用、道路基盤地図データ収集実験を開始
  • スマホをプローブにするNT-FILTERとは? ナビタイムの自動地図更新システム 画像 スマホをプローブにするNT-FILTERとは? ナビタイムの自動地図更新システム
  • ナビタイムがスマホをプローブにした地図自動更新機能を追加 画像 ナビタイムがスマホをプローブにした地図自動更新機能を追加
  • インクリメントP、北米市場へ参入…IT企業にアジアの地図データ提供 画像 インクリメントP、北米市場へ参入…IT企業にアジアの地図データ提供

特集