【ダカール2017】トヨタ車体、市販車部門4連覇を達成

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ゴールポディウムで4連覇を喜ぶTLCメンバー
  • ゴールポディウムで4連覇を喜ぶTLCメンバー
  • 市販車部門優勝を果たした327号車
トヨタ車体のラリーチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」は、2017年1月2日から14日に開催された「ダカールラリー2017」に参戦し、市販車部門4連覇を達成した。

TLCは、ランドクルーザー200シリーズをベースとしたラリー仕様車2台で参戦。ガソリンクラス・ディーゼルクラスを含めた市販車部門で327号車が優勝、332号車が準優勝となり、ワン・ツーフィニッシュを飾った。

今大会に向けてチームは、ラリーカーのスピードアップをねらい、サスペンションの変更や1万6000kmにわたる走り込み、そしてダカールラリーで総合トップ10に入った実績をもつクリスチャン・ラヴィエルをドライバーとして迎えるなど、クルマとチーム体制をこれまでになく強化して参戦した。

レースは、舞台を南米大陸に移して以来、初めての開催地となるパラグアイの首都アスンシオンで開幕。327号車のハンドルを握るラヴィエルは、卓越した運転技能でダッシュを決めると、その後も安定した走りでレースをけん引し、市販車部門トップでゴールした。

また、前回に引き続き2回目の参戦となる社員ドライバー 三浦昴の332号車も健闘。前半の第3ステージで路面の段差に左前輪をヒットし、サスペンションにダメージを受けたものの、翌日の第4ステージでは追い上げをはかり大きく躍進し、ステージトップの力走を見せた。その後はトップの327号車を順調に追走し、前回の5位を上回る2位でゴールした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集