キャデラック、2車種で装備変更と価格改定…ATS に400万円台グレード

自動車 ニューモデル 新型車
キャデラックATSセダン
  • キャデラックATSセダン
  • キャデラックCTS-V
ゼネラルモーターズ(GM)ジャパンは1月6日、キャデラック2車種の装備を変更し、一部グレードの価格を改定すると発表した。

今回、変更を受けるのは、エントリーラグジュアリースポーツセダン&クーペの『ATS』と、スーパースポーツセダンの『CTS-V』。全車が「Apple CarPlay」に加え、「Android Auto」に新たに対応。スマートフォンとの連携機能を引き上げている。

また、『ATSセダン』/『ATSクーペ』では、インストルメントクラスターのデザインを変更して、質感を向上。ATSセダンの内装色に、ライトニュートラル/ジェットブラックアクセントを導入し、リフレッシュを図った。

さらに、『ATSセダンラグジュアリー』に、新デザインの17インチアルミホイールを採用。CUE統合ナビゲーションをオプション設定に変更した。これにより、ATSセダンラグジュアリーのみ価格変更を行い、従来比で35万円価格を引き下げ、400万円台となる479万円として、競争力を高めている。

CTS-Vでは、新たに「リアカメラミラー」を採用。後方カメラからの映像をライブで投影することで、従来比3倍の視野を確保してブラインドスポットを低減。安全装備を一層充実させている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース