【CES 2017】トヨタとフォード、コンソーシアム設立…SDL標準化へ

自動車 ビジネス 企業動向
SDLのロゴ
  • SDLのロゴ
  • フォード(CES 2017) 《撮影 佐藤耕一》

トヨタ自動車は1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES17において、フォードモーターとの間で、「スマートデバイスリンク(SDL)」の業界標準化に向けたコンソーシアムを設立すると発表した。

両社が設立するのは、「スマートデバイスリンク コンソーシアム」。スマートフォンと車をつなぎ、車内でのアプリ操作を可能とするオープンソースのスマートデバイスリンク(SDL)を管理する非営利団体となる。

このコンソーシアムには、トヨタとフォードモーターに加えて、富士重工業(スバル)、マツダ、スズキ、PSAグループなどが参画。パナソニックやパイオニアも、覚書にサインした。

SDLを使用することにより、車内でのスマートフォンアプリを音声認識やナビ画面を通じて手軽に利用できるようになる。これは、アプリの開発者がSDLを用いることで、車内のナビ画面、ステアリングスイッチ、音声認識と、スマートフォンアプリを連携させることで可能となる。アプリ開発者は、より良いサービスの開発に集中することができ、世界中の何百万台もの車両に独自のサービス提供が可能になる。

トヨタのコネクティッドカンパニーの友山茂樹社長は、「スマートフォンと車載端末との連携は、安全かつ安心して利用できる環境を整えることにおいて、最も重要なコネクティッドサービスの一つ。コンソーシアムを通じ、こういった思いを共有する多くの自動車メーカー、サプライヤーと協力できることを、大変うれしく思う」とコメントしている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース