【高崎クラシックカーフェスティバル16】ランサー、セリカのラリーカーやスカイラインなどのスポーツカー

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
  • 三菱 ランサー1600GSR(1974年)
12月25日に群馬県高崎市で行われた「高崎クラシックカーフェスティバル」(伊香保おもちゃと人形自動車博物館主催)。ここではラリーカーやスポーツカーをピックアップしてみた。

艶(つや)消しブラックのボンネットやオスカーのフォグランプなどで往時を偲(しの)ばせていたのは、初代の三菱『ランサー』1600GSR。1974年のサファリラリーでジョギンダ・シンのドライブにより初優勝し、これを記念して100台限定で販売された内の1台だ。スポーツキットのタコ足や4点式のシートベルト、コンソールボックスに埋め込まれた記念プレートなどが特別装備だった。オーナーはこの車両で今もラリーに出場、篠塚建次郎氏も何度か運転しているという。

お隣に並んでいた初代トヨタ『セリカ』1600GTV(1973年)もラリー仕様。もともとモータースポーツ用ベース車としてサスペンションを強化したグレードで、2T-G型DOHCエンジンを搭載する。オーナーは同型車で30年ほど前に地方ラリーに出場しており、それが忘れられなくてまたGTVを購入、TRDの足回りやオスカーのフォグランプ、ラリーコンピューターなどを移植したという。定番のトムスレーシングのホイールもきまっていた。

変わらぬ存在感を見せていたのは日産『スカイライン』2000GT-R。”ハコスカ”と”ケンメリ”合わせて5台が集まっていた。このほか、ダットサン『サニー』クーペ1000(1969年)、『フェアレディ』1600(1967年)、マツダ『コスモスポーツ』(1969年)、トヨタ『2000GT』(1967年)、『スポーツ800』(1965年)、『カローラ』レビン(1973年)、いすゞ『117クーペ』(1976年)、ホンダ『S600』(1965年)など個性的な車両があった。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集