小学生の頃から目指したオートレーサー!…SS王座決定戦直前 鈴木圭一郎選手

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

破竹の勢いと、抜群のレースセンスでSG3連勝を狙う鈴木圭一郎選手。
  • 破竹の勢いと、抜群のレースセンスでSG3連勝を狙う鈴木圭一郎選手。
  • 破竹の勢いと、抜群のレースセンスでSG3連勝を狙う鈴木圭一郎選手。
  • 破竹の勢いと、抜群のレースセンスでSG3連勝を狙う鈴木圭一郎選手。
  • 破竹の勢いと、抜群のレースセンスでSG3連勝を狙う鈴木圭一郎選手。
  • 破竹の勢いと、抜群のレースセンスでSG3連勝を狙う鈴木圭一郎選手。
オートレース今年最後の頂上決戦『SG第31回スーパースター王座決定戦』が、いよいよ12月27日にはじまり31日まで川口オートにて開催される。

注目はSG(スーパーグレード)3連続Vを狙う鈴木圭一郎選手。史上最年少(21歳3か月)でのG1制覇を3月に果たすと、10月の全日本選抜(川口)でも勝ち、史上最年少&デビュー最短でのSG優勝と、記録を塗り替えるばかり。さらに11月の日本選手権(浜松)も完勝し、SG連続Vと波に乗りまくっている。

記録ハンターとしてオートレース界で名を轟かす鈴木圭一郎選手だが、今年最後のビッグレースを前にその素顔を見せてくれた。

■ポケバイからミニバイク界の最上位クラスS80を走り、関係者らからは「ロードレース界で必ず活躍するだろう」と言われてきましたが、進んだのはオートレース。いつ頃からオートレース選手を目指したのでしょうか。

「小学4年生くらいからです。青木親治選手が榛名のミニバイク選手権にやってきて、そこから憧れるようになりました。ですからS80時代から、大人になったらオートレースで通用できるようやってきました」(鈴木圭一郎選手)

ライバルらが高性能サスペンションを装着してレースに挑むのに対し、鈴木圭一郎選手のバイクの足まわりはじつに乏しかった。オートレースではリアサスペンションを装備しないマシンを用いるから、S80時代から慣れておくためであった。

「ですので僕の場合は、ロードレースからの転向ではなく、最初からオートレースに行きたかったんです」(鈴木圭一郎選手)

オートレース選手になるための9か月間の養成所生活はとても楽しかったと振り返る。いまでもトレーニングしてみたいと思い、養成所へ行くことがあるという。

「選手の仲間を誘うのですが、養成所にまた行きたいなんていう人は誰もいないんですよ。でも僕は9か月間すごく楽しかった記憶しかありません。毎日、オートレースの勉強ができて、転倒しても養成所のバイクだから大丈夫ですし(笑)」(鈴木圭一郎選手)

1年の集大成といえるスーパースター王座決定戦は、最高賞金3000万円の大勝負。2016年の最強レーサーが、大みそかに決まる。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集