エイチアイ、JASPARに加盟…カーエレ技術の国際標準化活動を推進

自動車 ビジネス 企業動向
JASPAR
  • JASPAR
エイチアイは、トヨタ自動車やホンダ、デンソーなど、国内の大手自動車メーカー・部品メーカーなどで構成する「JASPAR」に加盟したと発表した。

JASPARは、クルマの電子制御システムのソフトウェアやネットワークの標準化・共通利用による、開発の効率化と高信頼性確保を目指し設立された団体。これまで自動車メーカーごとに異なっていた基盤ソフトウェアや通信仕様などの情報系領域を会員企業で協調して開発することで、開発コスト低減や品質の向上を図るのが目的。

エイチアイは、「つながるクルマ」をコンセプトに、クルマと人を結ぶHMI開発を実現するツール「exbeans UI Conductor」や、クルマとクルマ、クルマとネットワークを結ぶテレマティクスプロダクト「exbeans Affinity」を提供している。「クルマの電子化・自動化」時代に、コネクティッドカーの普及に伴って広がるIoTサービスのためのソフトウェアを搭載する自動車メーカーや車載機器メーカー、サービスを提供する企業に、サービス実現を容易にするソフトウェア提供を目指している。

今回、JASPARへ加盟することで、エイチアイとしても自動車分野における課題に積極的に対応し、カーエレクトロニクス技術の国際標準化活動に貢献する。また、同社製品での安心・安全に必要な機能安全対策や、IoTにおけるサイバーセキュリティ対策への取り組みでも、いち早く対応させ、品質マネジメントシステムの機能安全指向レベルの向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集