パキスタン国際航空機が国内北部で墜落…乗客乗員合わせて47人搭乗

航空 企業動向
パキスタン国際航空は墜落事故を受けてフェイスブックのカバー写真を変更
  • パキスタン国際航空は墜落事故を受けてフェイスブックのカバー写真を変更
パキスタン国際航空は12月7日、北部チトラル発イスラマバード行きPK661便のATR42-500型機が現地時間16時40分頃、墜落したと発表した。

チトラルを13時30分に出発した661便には乗客42人と乗員5人、計47人が搭乗していた。乗客には外国人3人(オーストラリア人2人、中国人1人)が含まれ、2人の幼児も墜落事故に巻き込まれた。

墜落現場はイスラマバードから数十キロ北に位置するハベリアン付近。墜落の原因は現時点では不明。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース