MRJの装備領域の設計を強化---「機械」と「電気」に分割、三菱航空機が体制変更

航空 企業動向
MRJ 《撮影 石田真一》
  • MRJ 《撮影 石田真一》
  • MRJの離陸(グラント・カウンティ空港) 〈写真提供 三菱航空機〉
三菱航空機は、「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の装備設計領域における課題の解決を迅速、円滑に進めるため、装備設計部を2つの部に分割、タイムリーな対応ができる体制を構築すると発表した。

12月1日付で、装備設計部を、機械装備設計部と電気装備設計部に分割する。機械と電気それぞれで設計開発に集中、品質向上を図る。MRJ開発の遅れによる納期延期が懸念されているため、トラブルが発生している装備領域での開発を強化すると見られる。

また、技術本部を3部1室体制から4部1室体制に組織変更する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱航空機、MRJの納期遅れ報道を否定 画像 三菱航空機、MRJの納期遅れ報道を否定
  • 三菱航空機、エアロリースからMRJを最大20機を正式受注 画像 三菱航空機、エアロリースからMRJを最大20機を正式受注
  • 商船三井、船舶IoTやAIの活用を推進する「スマートシッピング推進室」を新設 画像 商船三井、船舶IoTやAIの活用を推進する「スマートシッピング推進室」を新設
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース