スズキ、通期営業利益予想を2000億円に上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
マルチスズキ・アルトK10
  • マルチスズキ・アルトK10
  • マルチスズキ・エルティガ
  • スズキ・パレーノ
  • スズキ・シアズ
  • スズキ・ビターラ・ブレッツァ
スズキは11月4日、2017年3月期の第2四半期累計(4~9月期)連結決算を発表するとともに、通期の業績予想を上方修正した。営業利益は従来予想より200億円増額の2000億円(前期比2%増)とした。

4~9月期はインドルピーなど為替の円高が502億円の減益要因となったものの、四輪車のインドでの販売増などが寄与し、営業利益は前年同期比14%増の1155億円と増益を確保。前年に続き最高を更新した。

四輪車の世界販売も1%増の140万台と過去最高だった。純利益は富士重工業株の売却による特別利益もあって、26%増の999億円と、これも前年に続いて最高となった。会見した長尾正彦常務役員は「インドなどの販売好調がモデルミックスの改善に寄与した」と評価した。

通期では世界販売を287万台(前期比0.4%増)と計画し、インドでは9%増を見込んでいる。通期でも円高の影響は大きく、営業利益の減益要因は860億円とした。純利益予想は従来比で520億円上方修正の1450億円(前期比24%増)に見直した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、インド・欧州好調で営業益14.3%増 中間決算 画像 スズキ、インド・欧州好調で営業益14.3%増 中間決算
  • スズキのインド販売0.3%減…SUVは倍増 10月 画像 スズキのインド販売0.3%減…SUVは倍増 10月
  • 富士重工業、スズキ株を売却 画像 富士重工業、スズキ株を売却
  • 【トヨタ スズキ 業務提携】富士重吉永社長「ごく自然な流れ」 画像 【トヨタ スズキ 業務提携】富士重吉永社長「ごく自然な流れ」
  • 富士重、産業機器事業の終了を決定…自動車事業の競争力強化 画像 富士重、産業機器事業の終了を決定…自動車事業の競争力強化

特集