曙ブレーキ、営業黒字化…北米事業立て直しや国内合理化 2016年4-9月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
「akebono」は世界に通ずる日本ブランドのひとつ。
  • 「akebono」は世界に通ずる日本ブランドのひとつ。
  • 曙ブレーキ
曙ブレーキ工業が発表した2016年4~9月期連結決算は、経常損益が14億7900万円の赤字だった。前年同期は14億2800万円の赤字だった。

売上高は前年同期比5.7%減の1334億7500万円と減収だった。国内は自動車市場の低迷と輸出の減速で減収だった。海外は北米や中国で受注が増加したほか、欧州で高性能車向けビジネスが本格化したものの、円高による為替換算の影響で減収となった。

利益は、北米の生産混乱による労務費、輸送費などの増加が一部継続したが、北米事業の立て直しに向けた施策が実現、国内の合理化効果もあって営業利益は7億3600万円の黒字だった。

為替差損の影響から四半期損益は28億3100万円の赤字となったが、前年同期の57億7400万円の赤字から赤字幅は縮小した。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1】曙ブレーキとマクラーレン、提携10周年…技術進化重ねて強まる絆 画像 【F1】曙ブレーキとマクラーレン、提携10周年…技術進化重ねて強まる絆
  • 曙ブレーキ、福島テストコースの拡充工事が完了…ワインディングや悪路試験路を新設 画像 曙ブレーキ、福島テストコースの拡充工事が完了…ワインディングや悪路試験路を新設
  • 摩擦に頼らないブレーキ…曙ブレーキ、2020年実用化めざす 画像 摩擦に頼らないブレーキ…曙ブレーキ、2020年実用化めざす
  • 曙ブレーキ、赤字幅が拡大…北米拠点の生産混乱 4-6月期決算 画像 曙ブレーキ、赤字幅が拡大…北米拠点の生産混乱 4-6月期決算

特集

おすすめのニュース