バニラエア、搭乗率が1.8ポイントダウンの87.8% 9月

航空 企業動向
バニラエア(参考画像)
  • バニラエア(参考画像)
バニラエアが発表した9月の運航実績は、国内線・国際線合計の搭乗率が前年同月と比べて1.8ポイントダウンの87.8%となった。

9月の提供座席数は前年同月比3.9%増の19万4580席となった。旅客数は同1.8%増の17万0841人だった。

内訳は国内線の提供座席数が同22.7%減の9万5760席、旅客数が同33.9%減の8万6555人だった。搭乗率は1.5ポイントダウンの90.4%だった。

国際線の提供座席数が同56.0%増の9万8820席、旅客数が同55.9%増の8万4286人だった。搭乗率は横ばいの85.3%だった。

運航実績は就航率が99.2%、定時運航率が80.4%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース