【危機管理産業展16】クラレ、自社開発の折りたたみテントを披露…30秒で設置完了

エンターテインメント 話題
クラレが開発した折りたたみテント「ジオダイナ」
  • クラレが開発した折りたたみテント「ジオダイナ」
  • クラレが開発した折りたたみテント「ジオダイナ」
  • クラレが開発した折りたたみテント「ジオダイナ」
避難所などで見かける大型のテント。それを組み立てるとなると、非常に苦労することもある。ところが、クラレが開発したテントなら、4人いればたったの30秒で設置することができるのだ。

「ジオダイナ」という名の屋根幕・フレーム一体型のテントがそれだ。普段は幅2050mm、奥行800mm、高さ600mmに折りたたまれているが、四隅を持って広げていくと、幅5330mm、奥行5870mm、高さ2710mmに広がり、あっという間にテントが完成してしまう。

実際に会場で同社関係者2人がデモンストレーション用の小型テントを使ってやって見せたが、30秒もかからずにテントができあがってしまった。もちろん、品質についても太鼓判を押す。

「屋根幕は『ベクトラン』というポリアリレート繊維を使っているのですが、この繊維はNASAが火星探査機のエアバッグに使用したものなのです。フレームはアルミ製で軽く、総重量は97kgです。杭を打って固定すれば、風速10m、積雪5cmでも大丈夫です」と同社関係者は自信満々に話す。

価格は150万円からで、防災意識の高い自治体で多く採用されているという。現在、クラレが直接販売しているが、代理店を募集しているとのことだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 【危機管理産業展16】樹脂製ハウエルタンクを利用したシェルターを開発・発売…大日本プラスチックス 画像 【危機管理産業展16】樹脂製ハウエルタンクを利用したシェルターを開発・発売…大日本プラスチックス
  • 【危機管理産業展16】アタッシュケース型蓄電池、ソーラーパネルでの充電も可能…トヤマキカイ 画像 【危機管理産業展16】アタッシュケース型蓄電池、ソーラーパネルでの充電も可能…トヤマキカイ
  • JR東日本、山田線海岸部の工事状況を発表…震災で運休中 画像 JR東日本、山田線海岸部の工事状況を発表…震災で運休中
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース