アウディ営業利益、排ガス問題で43%減 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
アウディの3.0リットルV6TDI搭載車(米国仕様)
  • アウディの3.0リットルV6TDI搭載車(米国仕様)
ドイツの高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループ傘下のアウディは10月28日、2016年第3四半期(7~9月)の決算を公表した。

同社の発表によると、ランボルギーニやドゥカティを含めたグループ全体の売上高は、138億8300万ユーロ(約1兆5970億円)。前年同期の139億1100万ユーロに対して、0.2%のマイナス。

また、第3四半期の営業利益は、6億3200万ユーロ(約727億円)。前年同期の11億1000万ユーロに対して、43%もの大幅減益となった。

大幅な減益となったのは、ディーゼルエンジンの排ガス不正問題の影響。アウディが開発を主導し、フォルクスワーゲングループ車に広く搭載されている3.0リットルV型6気筒TDIエンジン搭載車のリコール(回収・無償修理)や訴訟などに備えた特別費用を計上したことが、収益を圧迫する要因に。

アウディブランドの2016年第3四半期の世界新車販売は、45万5613台。前年同期比は2.2%のプラスだった。アウディ取締役会のルパート・シュタートラー会長は、「厳しい状況にあるが、販売台数の増加は、アウディのラインナップの魅力を示すもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自、燃費データ不正問題の影響大きく最終赤字2196億円 中間決算 画像 三菱自、燃費データ不正問題の影響大きく最終赤字2196億円 中間決算
  • VWグループ、黒字回復 第3四半期決算 画像 VWグループ、黒字回復 第3四半期決算
  • EVテスラ、3年ぶりの黒字転換 第3四半期決算 画像 EVテスラ、3年ぶりの黒字転換 第3四半期決算
  • ボルボカーズ、営業利益が62%の大幅増 第3四半期決算 画像 ボルボカーズ、営業利益が62%の大幅増 第3四半期決算

特集