ANA、2017年も初日の出フライトを実施へ---羽田発と中部発

航空 エンタメ・イベント
初日の出フライトのイメージ
  • 初日の出フライトのイメージ
全日本空輸(ANA)は、毎年恒例の初日の出フライトを2017年元旦も実施すると発表した。羽田発と名古屋(中部)発の2つのコースで実施する。

2017年の「初日の出」と世界文化遺産である「富士山」を見ながら遊覧、機内では食事と飲み物も提供、新春の優雅な空の旅を提供する。

羽田コースは、ボーイング「777-200」型機を使用して羽田空港を5時35分発、「初日の出」と「富士山」を見ながら遊覧して羽田に8時00分頃到着する。

旅行代金は、プレミアムAコース(窓側の席を含む)が2人で10万円、普通席利用Aコース(窓側の席を含む)が2人で9万円。AMC会員向けに11月16日10時から予約受け付けを開始する。

名古屋コースは中部国際空港を5時50分発で、「初日の出」と「富士山」を見ながら遊覧して7時20分頃戻る。機材はボーイング「737-800」型機。旅行代金は、窓側から2席2人で8万8000円。AMC会員向けに11月17日10時から予約受け付けを開始する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ANAがベトナム航空とコードシェア 10月30日に開始 画像 ANAがベトナム航空とコードシェア 10月30日に開始
  • 「スルガ銀行ANA支店フィナンシャルセンター」を新設…空港や滑走路をイメージ 画像 「スルガ銀行ANA支店フィナンシャルセンター」を新設…空港や滑走路をイメージ
  • ANA、国際線の機内エンタメでユニバーサルサービス対応 画像 ANA、国際線の機内エンタメでユニバーサルサービス対応
  • ANA、燃油サーチャージ12月以降も引き続きゼロに 画像 ANA、燃油サーチャージ12月以降も引き続きゼロに

特集

おすすめのニュース