シンガポール・チャンギ空港、旅客数は4%増 9月

航空 企業動向
シンガポール・チャンギ空港
  • シンガポール・チャンギ空港

シンガポールのチャンギ国際空港が10月24日に発表した9月の空港利用状況によると、旅客数は前年同月比3.7%増の458万4000人、航空機発着回数は3%増の2万9330回、貨物取扱量は7.8%増の16万7100トンだった。

1~9月の旅客数は前年同期比6.2%増の4346万8000人。国別は中国が15.3%増、マレーシアが8.9%増、インドネシアが6.4%増を記録した。路線別はジャカルタ線が首位をキープし、バンコク線、クアラルンプール線が僅差で続く。

チャンギ空港を本拠とするシンガポール航空は9月19日、シンガポール=キャンベラ=ウェリントン線を週4往復で新規開設。中国の深セン航空は9月中旬から広州線のデイリー運航を開始した。

《日下部みずき》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース