羽田空港から長野県白馬村へ直行バス ウィンターシーズンに運行

自動車 ビジネス 企業動向

白馬線で使用する夜間高速タイプの車両
  • 白馬線で使用する夜間高速タイプの車両
  • 独立3列シートの車内
羽田京急バスは、アルピコ交通東京と共同で、12月17日から2017年3月5日(年末年始は運休)までの冬季期間中、京急リムジンバスの新路線として羽田空港~白馬線を運行する。

長野県白馬村は、ウィンタースポーツを目的とした観光客の多いエリアで、訪日外国人にも人気のスポットとなっている。

今回新設する白馬線は、羽田空港国際線ターミナルから白馬地区までの直行便で、乗り換えなしで目的地に到着できる。使用する車両は通常の京急リムジンバスではなく、長距離の夜間高速バスで使用している独立3列シート車両を使用する。1日2便で運行する。

車内はトイレを装備、Wi-Fiサービス、貸し出し用ブランケットも用意する。また、訪日外国人客に、通訳用のタブレットを導入、車内モニターでの英語案内を行う。

料金は大人9000円、子ども7000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集