川崎重工、自衛隊向け観測ヘリコプターOH-6D最終号機を納入

航空 企業動向
川崎重工業は、陸上自衛隊向け観測ヘリコプター「OH-6D」機体定期修理の最終号機を、30日に陸上自衛隊第6飛行隊に納入したと発表した。

同機の機体定期修理は通算1055機目。

「OH-6D」は、陸上自衛隊の観測ヘリコプター「OH-6J」の後継機として導入された機体。5枚のメイン・ローター・ブレードを持ち、軽量小型で、操縦性、安定性、整備性に優れ、観測や操縦士訓練、人員輸送など幅広い任務で活用されている。

同社は、1967年に米国のヒューズ・ヘリコプターズ(現・MDヘリコプターズ)とのライセンス契約を締結後、「OH-6J」製造に着手し、「OH-6D」としては1979年度から1997年度までに193機を陸上自衛隊に納入するとともに、定期修理を1983年度から実施してきた。

同社では、「OH-6D」の機体の運用終了まで、防衛省のサポートを実施するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • エアバス・ヘリコプターズ、中型双発機「H175」VIP仕様の初号機を納入 画像 エアバス・ヘリコプターズ、中型双発機「H175」VIP仕様の初号機を納入
  • 航空自衛隊の輸送ヘリコプターに搭乗する 10月15日 画像 航空自衛隊の輸送ヘリコプターに搭乗する 10月15日
  • 川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から 画像 川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース